カンボジア

停電続きのカンボジア・シェムリアップでも快適に過ごす方法、対策、持ち物まとめ

カンボジアからスオスダイ!

料理作らない方(@yusukeworld_)です。

 

最近(3月頃)のシェムリアップは非常に暑く、さらにここから更に気温が高まり、常夏の国が一年で最も暑い時期を迎えます。

そんなシェムリアップで最近話題に上がるのが「市内計画停電」。

電力を他国からの供給に頼り、電力が安定しないカンボジアですが、その電力を安定させるために必要な工事だとかなんだとか。

要するに「今後もっと快適になるための停電なんだから我慢してね」って感じなんです。

そんな計画停電なんですが

  • 計画のお知らせが割と直前に来て
  • 書類が全部クメール語

なので、ぼくら外国人は正確な情報をつかみにくいという現状もあります。

在住者ですら「え?本当に停電するの?」みたいな情報の時があるので、観光客の皆さんにはもっと情報が届きにくいはず…。

 

せっかく旅行で訪れたのに終日停電なんて…

ってこともあると思いますが、全ては物事の捉え方次第です。

ということでこの記事では、停電中でも楽しめるシェムリアップの魅力をお伝えします。

この記事でわかること
  • 停電中のシェムリアップの楽しみ方
  • 停電中のシェムリアップであると便利なもの
  • シェムリアップの停電情報をいち早くゲットするには?

停電中のシェムリアップの楽しみ方

  • プールに避難
  • 発電機のあるカフェやホテルに避難
  • そもそも電気がない地域へ

と言った方法が浮かびます。

 

プールに避難

まずおすすめしたいのが水辺のアクティビティ。

手頃な価格帯でプール付きのホテルも多いので、宿泊予約の際の条件にする方も多いと思います。

海がないシェムリアップですが、最近は「CAMBO BEACH」という大型のプール施設ができました。

$5で入場できるのですが、入場料は施設内で飲食代として利用できるので非常にお得です。

CAMBO BEACHの魅力は別記事でまとめていますので、興味がある人は参考にしてみてください。

関連:海のないシェムリアップでリゾート気分が味わえるCAMBO BEACH(カンボビーチ)

 

発電機のあるカフェやホテルに避難

電力が不安定ということを想定してか、大型のホテルやカフェでは発電機を持っている場所が多い印象です。

発電機が大きければ大きいほど、日常生活と変わらず生活ができるのでエアコンの効いたカフェやホテルで読書をしたり、映画を見たり、友人とおしゃべりをしてのんびり過ごすのもありですね。

カフェならシェムリアップで超絶大手のTEMPLEという系列のお店ならまず発電機持っています。

おすすめのTEMPLE CAFEはこちらの地図を参考にしてみてください。

▼エアコン付きのカフェ

▼エアコンなしのオープンエアーのカフェ

 

ちなみにぼくらは、停電する日はホテル暮らしをしています。

大型発電機があって、エアコンが使えて、広いバスタブ付きの一室を抑えてのんびり作業したり、プールに入ったりして楽しんでいます。

 

そもそも電気のない村へ

これまでは「電気のある場所への避難」する方法をお伝えしてきましたが、そもそも論として日頃から電気がない村へ行けば停電だろうが関係ありませんね。

ぼくは、お店を始めるきっかけにもなった農村部の人たちとの交流があるので、停電の日はお店を閉めて彼らに会いにいきながら普段できない話をしたり、お手伝いをしたりしています。

その村に小学校を建設した過去もありますので、見学をしたり、お手伝いをしてくれる方がいましたらお声掛けください。

※ツアーではありませんので、事前にお読みください。

参考:カンボジアに建設した小学校見学について

 

また、こういった場所へのツテがない場合は、思い切って遠出をしたりして観光日に当ててしまうのもありですね。

 

シェムリアップの停電情報をいち早くゲットするには?

実際にカンボジアに住んでいるとこう言った書類を目にする機会が増えます。

これ、停電のお知らせなのですが在住者でもなかなかこう言った情報をGETできない方も多いですので、観光客の方にはもっと届きにくいですよね。

そもそも届いたところで読めない人多いし。

そんなシェムリアップの停電情報をはじめとして、性格の情報を提供してくれる有益アカウントが「ロイヤルアンコール国際病院」のTwitterアカウントです。

>>ロイヤルアンコール国際病院@カンボジア|Twitter

 

常駐している日本人通訳スタッフさんが情報を発信してくれています。

しかも、旦那さんがカンボジア人なので現地の情報収集も早いです。

【追記】

上記Twitterアカウントでは、8〜12時または12時30分となっていますが、クメール語を解読すると17時または17時30分ではないかと思われます。

(間違っていたらごめんなさい)


Twitterアカウントがないって方は、この機会にぜひつくってみてはいかがでしょうか?

カンボジアだけでなく海外旅行に行かれるのであれば、現地のリアルな情報も掴みやすいのでおすすめですよ。

開設したらぜひ、うちのアカウントもフォローしてくださいね!

ベースキャンプ@シェムリアップ|Twitter

OHANA KITCHEN@シェムリアップ|Twitter

 

停電中のシェムリアップであると便利なもの

なければない方がいいのですが、カンボジアだけでなく東南アジア旅行中は突然の停電に直面する可能性があります。

そんな時にカバンに詰めておいてよかったおすすめ旅グッズを紹介します。

モバイルバッテリー

大容量なのに最軽量設計なのにモバイルバッテリー。

予想を超えて長時間の停電の場合は、スマホをはじめとした電子機器類の充電が危うくなります。

モバイルバッテリーがあれば、スマホが使えない状況を回避できます。

 

ヘッドライト

停電などの緊急時に光を確保できる懐中電灯。

ヘッドライト形式にしておけば両手が空きますし、防水タイプなら真っ暗な浴室でシャワーを浴びなくてはいけない時にも役立ちます。

またこういった災害時や緊急時アイテムの多くは、電池を使用することが多いので、充電池もあると何かと便利です。

我が家には、単三電池・単四電池があるので緊急時はもちろん、日常生活でもいちいち電池を買うコストと手間がありません。

 

カードゲーム類

カードゲーム類があればドミトリーやゲストハウスの仲間たちとも、同じ空間で楽しみが増えますね。

UNOなどのカードなら外国人ともいちいちルール説明しなくても、言葉を超えて楽しめます。

 

シェムリアップで停電したら|まとめ

ということで、カンボジアのシェムリアップ滞在中に停電した際の楽しみ方、情報収集方法、持っておくと便利な旅アイテムについてのまとめ記事を書きました。

電気がある生活が当たり前すぎて、何かと不便に感じる急な停電ですが、置かれた状況下での準備次第で心持ちも楽しみ方も変わります。

普段の生活がいかに有難いことか、そして、電力供給のために働いてくれている関係者の方々に感謝しながら生活をしたいものです。

Facebookでも
情報配信中

Twitter で
NEW ARRIVAL