KITCHEN

【レシピ公開】BASECAMP KITCHEN自慢の「1日に必要な量の野菜が摂れるオリジナルチキンカレー」作り方教えます!

投稿日:

BASECAMP SIEMREAP(@basecamp_sr)の1F・2Fで展開している飲食店スペース「BASECAMP KITCHEN」で提供している自慢のアレはもうご存知ですか?

 

『1日に必要な量の野菜が摂れるオリジナルチキンカレー』

今日はそのレシピを公開しちゃいます。

 

生々しい話、このカレーを売りに商売しているわけですが、単に自分たちの店が賑わえばいいという考え方ではやっていません。

 

もちろん「毎日このくらい野菜食べなきゃダメです!」なんてことが言いたいのでもなく。

 

自分たちが美味しいと思えるものは、カンボジアに来れないみんなにも食べてもらいたい。

日々の野菜不足を解消するきっかけや摂取量の目安になったらいい。

市販のカレールウに頼らなくてもオリジナルカレーが作れれば自炊のレパートリー1up。

 

という思いです。

レシピ公開の理由や想いはこちらで詳しく書いています。

関連記事:真似したくなるほどのものを自信持って出しているし「本当にいいもの」はみんなに届けたい

 

ちなみに、特別凝った調味料などは使っておらず、スーパーなどで揃えることが可能なものばかりです。

 

この記事では「10人前」の量で表記していますので、実際に作ってみたい方は必要な人数分に計算し直してから調理を開始してください。

 

オリジナルチキンカレーに必要な材料(10人分)

カレールウに必要なもの

  • 鶏手羽(鶏もも肉でも代用可能) 1kg
  • 無糖ヨーグルト 200g
  • 玉ねぎ 1kg
  • にんじん 300g
  • パイナップル 1/2個(約300g)
  • バター 50g
  • クミンシード 小さじ1
  • 生姜、にんにく 1かけ
  • 唐辛子 3〜5本(お好みで)
  • 赤ワイン 大さじ2
  • 白ワイン 大さじ2
  • カレー粉 大さじ4
  • 小麦粉 大さじ2
  • ホールトマト(缶) 400g(汁は使わず実のみ)
  • 水 5カップ
  • ヤシ砂糖 大さじ2〜3
  • 味噌 大さじ2
  • 塩、コショウ 適量
  • ガラムマサラ 適量

炒め野菜に必要なもの

【一例】

  • ブロッコリー
  • いんげん
  • かぼちゃ
  • カラーピーマン
  • なす
  • キャベツ
  • オクラ
  • トマト
  • じゃがいも など

上記は一例です。

お好みの野菜を組み合わせて約2kg(10人前)使用します。

一人前(約200g)でこの見た目。

 

オリジナルチキンカレーの作り方

1. 鶏手羽をヨーグルトに一晩つけておく

こうすることで肉の臭みを取ったり、肉そのものを柔らかくすることができます。

鶏もも肉でも代用可能ですが、骨つき肉を使用した方が骨からも旨味が出るのでおすすめです。

一晩つけると、このくらいヨーグルトが馴染みます。

 

2. 玉ねぎをみじん切りにする

 

3. にんじんをすり下ろす

 

4. パイナップルは小さめの角切りにする

時期によってパイナップルが手に入らない時はパインジャムや缶詰などで代用します。

 

5. 鍋にバター、クミンシード、生姜、にんにく、とうがらしを入れて弱火で炒める

生姜、にんにくはみじん切りにしておきます。

また、唐辛子は先端を取って、水につけて種を取り除いておきます。

 

6. 玉ねぎを加えて中火でじっくり炒める

このくらい色が変わるまでじっくりと。

塩を加えて炒めると、玉ねぎから水分が出やすくなって炒めやすくなります。

 

7. にんじん、パイナップルを加えて中火でさらに炒める

にんじん、パイナップルを鍋に入れる際に、風味づけで白ワインも同時に加えます。

 

8.  カレー粉と小麦粉を順に加えて弱火で炒める

必ずカレー粉→小麦粉の順番で。

 

9. 赤ワイン、ホールトマトを加える

赤ワインも風味づけです。

白・赤共にワインは無くても作れますが、入れることでカレーの味に深みが出ます。

『材料』の項目でも書いていますが、缶のホールトマトは汁は使わず実だけを使用します。

※汁を使用すると酸味が強くなってしまいます。

 

トマトの形がわからなくなるくらいまで潰しながら炒めるイメージで。

 

10. 鶏肉を加える

 

11. 水を加えて、約1時間ほど煮込む

たまに鍋を混ぜないと鍋の底が焦げるので注意。

 

11. 調味料で味を調える

味噌とパームシュガー(ヤシ砂糖)を加えます。

※パームシュガーが無くても黒糖や三温糖などで代用可能ですが、パームシュガーはミネラルが豊富であることやカレーにコクが出るなどのメリットがあります。

 

塩・コショウ・ガラムマサラはお好みで味を調えながら加えてみてください。

 

ここまでできたらカレールウ完成です。

冷ましてから冷蔵庫で一晩寝かすとさらに美味しさ1up!!

 

12. お好みの炒め野菜とカレールウを合わせる

フライパンでお好みの野菜を炒めます。

この時にガラムマサラを適量加えると、カレーの香りがより一層引き立ちます。

ルウではなく炒め野菜で味を整えるのもポイント!

野菜が十分に炒まったらカレールウを足します。

カレールウを全体に馴染ませながら炒めていきます。

 

13. 皿に盛り付けておいしくいただきます

調理過程は以上です。

 

おいしそ〜!

 

まとめ

BASECAMP KITCHEN自慢のアレ!のレシピを公開しました。

 

厚生労働省が『成人一人が一日に摂取すべき野菜の目標量』として掲げている350gの野菜が一人前に入っていています。

 

ご家庭にある身近な材料で作れるレシピになっているので、是非一度作ってみてください。

 

「これを食べれば大丈夫」とか「毎日このくらい食べなきゃダメ」ってことではなくて、あくまで目安などを知るきっかけにしてもらって、味が気に入ればご家庭のレシピに加えたり、お友達を呼んで振舞ってあげてください。

 

おまけ 管理栄養士じゅんこが選ぶおすすめのカレー粉

安心の調味料メーカーS&Bが提供する「特性エスビーカレー」。

 

このカレー粉を使う理由は

  • スパイスの味がしっかりしている
  • 一般人食べやすい味つけ
  • どのカレーに入れてもクセがないのでアレンジも簡単

だからです。

 

ここカンボジアでも手に入るので、BASECAMP KITCHENももちろんこのカレー粉を使用しています!

 

Facebookでも
情報配信中

Twitter で

-KITCHEN

Copyright© ベースキャンプシェムリアップ:カンボジア人・観光客・在住者をつなぐ情報コミュニティ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.