BASECAMP

カンボジアに建設した小学校を見学に行くツアーはやっていません

カンボジアからスオスダイ!

ブログばかり書いている方(@yusukeworld_)です。

たまに聞かれるのが、ぼくが建設をしたカンボジアのみらいスクールという小学校への見学ツアーに行きたい!という声です。

結論として、当店は旅行会社ではありませんので、ツアーはやっていません。

となると「そんな!!見学したい場合はどうすればいいんですか?」となるので、この記事ではその辺の詳細をお伝えします。

要するに

・利益をとっていないので
・交通費を各自負担して
・自己責任で参加してくださいね
・最後にうちでご飯食べていってくださいね

ってことです。シンプルですね。

カンボジアの小学校見学の交通費など

費用等
トゥクトゥク $45/台(最大4名まで)
ミニバン $70/台(最大10名まで)
参加費 $5/人(施設維持費として活用)
備考 交通費は往復の値段です

参加人数で割り勘になります

参加費という名目で学校の施設維持費や子ども達の体験費用等に充てさせていただいています。

これまで貯水タンクやトイレの修繕費用、子ども達の遠足費用として使わせていただきました。

遠足のバスの費用などでも活用しています

 

 

カンボジアに建設した小学校の維持費捻出のため

▼概ねの見学内容と流れ

8:30 シェムリアップ市内出発
9:45頃 みらいスクール到着
到着〜11:30頃 見学
11:30 学校出発
12:45頃 昼食会場到着

小学校見学される方の行程はこのようになります。

繰り返しになりますが、ツアーではなく、利益性のある事業ではありませんので、見学後にシェムリアップまで戻られましたら共同で経営をしている飲食店にてお食事をお願いいたします。お弁当を持って現地で食べたいという方へは、別途お弁当注文を受け付けていますのでお気軽にお問い合わせください。

本来は、こちらの飲食事業を中心に行なっていますため、見学を含めて活動内容を細かく知っていただきながら、適正に料金をいただけるようにしていますので、参加前にご理解をください。

お互いに気持ちのいいお付き合いを心がけていますので、冷やかしや茶々入れでの参加はご遠慮ください。

 

カンボジアで参加しているツアーは本物?

カンボジアだけではないのでしょうが、現地在住歴が半年もあればかなり詳しくなります。

観光客だけではたどり着けないような場所などの情報を持っているので、友人などが遊びに来た際にみんなで行く際は大変喜んでもらえます。

ですが、だからと言って個人ツアーとして、参加者からお金をいただいて行う行為は違法ですよね。

適切にライセンスを持ってやっている人たちがバカを見るので、そういったなんちゃってツアーには気をつけましょう。

現地のオプショナルツアーとして有名なのはVERTRAです。

カンボジアはもちろん、世界各国で26万件体験ができますので、現地で「何しよう?」ってなったらぜひ一度検索してみてください。

 

カンボジアの小学校建設に持ってくると便利なもの

トイレアイテム

学校の様子を見学中にトイレに行きたい場合は学校のトイレが利用可能ですが、トイレットペーパーの常備はありませんので、各自でご準備ください。

(余ったら置いていってもらえると助かります。)

また和式スタイルですので、ウォシュレットなんてものはありません。

こういったタイプも人気みたいです。

※紙は流せませんので、利用後は焼却スペースへ捨ててください

 

日よけ、砂埃対策

特にトゥクトゥクでの移動の際はミニバン以上に長時間の移動になります。

日よけ対策や砂埃対策として、薄手のカーディガンやストール、サングラスなどのアイテムが大変役に立ちます。

また、出発前には日焼け止めを塗っておくことをおすすめします。

 

持ってこないで欲しいもの

おもちゃや古着などの差し入れはいただいておりませんので、絶対に持ってこないでください。

お持ちいただいても、預かれませんのでお持ち帰りいただきます。

 

カンボジアの小学校見学の際の流れまとめ

ということで、もしも私、北川勇介が建設を行いましたみらいスクールを見学したい場合には、今回紹介したような流れでご参加いただきますようよろしくお願いいたします。

Facebookでも
情報配信中

Twitter で
NEW ARRIVAL