WORK

固定費を気にせず事業展開!ホームページ製作をおすすめする4つの理由

更新日:

海外に限らず、事業を行う上で必ずと言っていいほど気になるのが「固定費」です。

 

そして、事業成功のコツは「売上を上げること」と同じくらい「固定費の削減」もポイントになります。

 

ですが、固定費を削減することを意識しすぎると、人件費カットや商品の質の低下などの恐れもあります。

 

ぼくらは、売上の変動による固定費への不安を抑えるために、ある手法をとりました。

 

ぼくらが働かなくては売上が立たないという仕組みでは、いつまで経ってもやりたいことがやれないし、守りたいものも守れないと感じたからです。

 

特にここカンボジアでは、まだまだネットを活用するにふさわしいだけの隙間があると感じられるので。

 

ぼくらにかかる固定費

まずぼくらにとって必要な固定費を出してみます。

  • 物件の家賃
  • 光熱費
  • スタッフ給与
  • 通信費(ネット、電話代など)
  • 食費(飲食店ベースなので)
  • 仕入れ(ものづくりなど)

 

おそらく、事業を行う上ではなかなか避けては通れないものばかりではないでしょうか?

そして、一般的なやり方ではこの固定費を払いつつ、事業者本人が生きていくだけの売上を出さなくてはいけません。

 

つまり、売上がないことには何もできない状態です。

 

自分が働かないとお金が入ってこない仕組みでは、これまでのやり方とは異ならず、関わる規模が大きくなった分、生み出さなくてはいけない売上の負担が大きくなります。

 

売上を気にせずやりたいことに集中できる手法

まず、ぼくらは究極のリスクヘッジとして、売上が0だとしても毎月変わらずこの固定費を支払いできるだけの仕組みを作ることにしました。

 

毎月の売上が0でもスタッフに給料が払えて、物件を構えておくことができれば毎月の売上のノルマから解放されます。

 

ノルマがなければプレッシャーもないので、毎日イキイキ働くことができます。

 

やりたいことを実現するペースも上がります。

 

ぼくらが一番恐れたのは、固定費のための仕事に追われてその日暮らし、その月暮らしになってしまうことです。

 

「そんな方法あるの?」と思われるかもしれませんが、その鍵になるのがホームページの作成です。

 

ホームページを製作するメリット

メリット1 幅広い層の検索に名乗りをあげることができる

よくFacebookやInstagram、TwitterなどのSNSをホームページ代わりにしているものを見かけます。

 

ぼくらもそういったSNSの準備はしていますが、頼っていません。

 

なぜなら、Facebookで公開した情報はFacebookアカウントを持っている人にしか届かない上に、アルゴリズムの変化で必ずしも全員には届きません。

 

また、一般的な検索エンジンでもあるGoogleやYahoo!からの検索流入も見込めないからです。

 

各種SNSアカウントだけで勝負するには、それ相応の知識やテクニックが必要になりますし、わざわざそのアカウント所有者にか届かないといった幅の狭い告知は可能性を狭めているとしか思えません。

 

メリット2 売上以外の収入源を確保することができる

ぼくらがホームページを製作する理由は集客とは別に「売上以外の収入」というものを見込めるからです。

 

そのためには、メリット1で示したように、検索流入を増やすということが前提にもなりますが。

 

巷では「ブログで稼ぐ」という言葉が一人歩きしていますが、まさにアレです。

 

ホームページとしてブログを開設することで、売上以外の収入を生み出す。

 

これこそまさに、ぼくらが一番に力を入れている部分でもあるのです。

 

メリット3 観光客に強くPRできる

実際にカンボジアへお越しになっている方、これから旅行をしようと思っている方は必ず現地の情報をネットで探します。

 

直接的にぼくらの提供するサービスに結びつかなかったとしても、サイトを訪れてもらうことで認知してもらう確率、足を運んでもらう確率が圧倒的に高まります。

 

現在は日本語のみのサイト展開ですが、英語版のページやクメール語版も後々作っておくことで、観光客以外にもカンボジアへいるすべての人に向けて届く情報を出して行きます。

 

メリット4 電話番号から集客できる

ぼくは割と気になることとか問い合わせをしたいときは、メールやメッセージアプリよりも電話してしまうことが多いです。

 

パッとかけて知りたいことが知れるから。

 

ホームページを構えておけば、電話番号を載せておくことができますし、他にメールアドレスやSNSアカウントへの誘導も可能です。

 

予算に合わせてホームページを作ろう

ホームページをつくる、と言うと「そういう専門知識ないし〜」「言葉が難しくてわからないし〜」と言った声も聞きます。

 

ですが、そんなもの不要なくらい今の時代簡単にHPが作れます。

 

しかも、無料で簡単にホームページが作れるサービスがあるのでささっと作ってしまうことをおすすめします!

 

あまりデザインに手をかけ過ぎず、後々修正していけばいいので作るなら早い方が得策です。

 

ぼくらは、ワードプレスを利用しています。

ちなみに、北川勇介が個人的に運営しているブログ「ローカルに暮らしソーシャルに生きる」「バックパッカーという仕事の作り方」もワードプレスを利用しています。

ブログやホームページ作成にも使えるとても優れたサービスです。

 

ただし、ワードプレスそのものは無料なのですが、これを使って運営をするためにはサーバーを有料でレンタルしなくてはいけません。

 

サーバーを契約すると当然固定費もかかります。(年間1万円弱)

ですが、これかなり安い方なので、ご自身の予算に合わせてホームページを作成してみましょう。

 

ちなみに、ぼくらはフリーサイトで作ることは全く考えていなくて。

 

その理由としては

  • 独自ドメインがとれないのでSEOに弱い
  • 運営会社が潰れたらサイトも決める
  • デザインが自由に決められなかったり制限がある
  • 無料のホームページは仕事にプロ感が伝わらない

といった感じです。

 

とは言え、提供するものはホームページではなく自身のサービスなので、ささっと作ってしまうことをおすすめします。

 

手の込んだおっしゃれ〜なサイトを作ればそれだけで売上が上がるかもしれません。

「めんどくさいし、意味わかんない!」って言うのであればプロに頼んでしまうのもアリです。

 

相場としては20万前後なので、当然ぼくらはそこに予算をかける気なんかなく、自分たちでできることは自分たちで作ってしまえばいいという魂胆です。

 

まとめ:ホームページ制作は簡単だからすぐにやってしまおう

ということで、ホームページ製作の重要性をまとめてみました。

 

あくまで、提供するサービスはホームページではありませんし、売上だって取りに行きます。

 

ですが、毎月の固定費を気にしまくていいなら、やらない手はないですよね。

 

そのくらいホームページによる告知や集客はバカにできません。

 

それはここカンボジアだけでなく、事業するならどこでも。

 

たくさんのお客さんに有益なサービスや情報を提供し、適切に人を繋いでいけるようにこれからも頑張ります。

 

まずは数カ月以内に、このサイトだけで固定費が捻出できるように。

 

そんな感じで!

Facebookでも
情報配信中

Twitter で

現地でツアーを探すなら断然VELTRAがおすすめ!

  • 現地ツアーを日本語で予約可能
  • ひとり旅から貸切まで幅広いプラン
  • 現地での余分な価格交渉なし
  • 多くの参加実績あり

現地で「何する?」ってなったら、まずは公式HPをCHECK!!

 

 

-WORK

Copyright© ベースキャンプシェムリアップ:カンボジア人・観光客・在住者をつなぐ情報コミュニティ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.