DIARY

#9 本当にいいものは循環させていくべき。商品も情報もサービスも。

投稿日:

2018年4月7日

 

この一週間、開店祝いでお花やビール、お酒をたくさんいただいた。

 

そうやって誰かにしてもらったことが本当に嬉しかったので。

 

お酒が大好きなぼくらも、二人だけでいただくのではなく、BASECAMP KITCHENに足を運んでくれた方々とシェアしようと決めた。

 

第一弾は、The City Premium Guest HouseさんからのSINGHAビール。

第二弾はSushi Bar心さんからのAngkor Beerの樽。


第三弾ではないけど、日本酒・八海山もお客さんにおすそ分け。

「 たまたまその時そこにいた」というだけで、「お店の人」と「お客さん」という垣根を超えてシェアすることができる。

 

これもまた楽しい。

 

美味しいもの、楽しいこと、お得な情報などはみんなでシェアをしたらいい。

 

というより、自分がいいと思えるものはどんどん人に勧めたくなる。

 

だって、自分がいいと心から思えるのだから、いろんな人に知ってもらいたくなるのは当然のことで。

 

自分たちだけで独占する気も、内緒にする気もない。

 

「なんで二杯目無料なの?」

「普通に売っちゃえばいいじゃん」

とかも言われるけど、いただきものでお金は取れないから、人からいただいた「開店祝い」という温かな気持ちは、ぼくらもできる範囲のサービスで繋いでいきたい。

 

もらいっぱなしは絶対に良くない。

 

昨日も「レシピ公開」をしたら、いろんな人に驚かれたりもしたけど、レシピを公開したことで一人でも多くの人がトライしてくれたら本当に嬉しい。

 

それだけ自分たちが売っているものに自信を持っているし、売っている自分たちが本当に心から人に勧めたいものだから。

今の時代、プロ顔負けの知識や技術を持つ人たちがあらゆるジャンルで増えてきている。

 

それがこれからの時代を生きていくポイントでもある。

 

だから、昔は「手に職を」とか言っていたかもしれないけど、これからの時代は「専門家」「専門職」の方が生き残るのが厳しいのかもしれない。

 

それ以外の道へ行ったら、超初心者だから。

 

ぼくらがカレーのレシピを公開しなくても、美味しいカレーの作り方知っている人たちや、実際に作れる人はたくさんいて、だからこそあえて隠すことでもないのだとも思う。

 

むしろ、「作ってみたい」って関心を持ってもらえるのなら、どんどん知ってくれ!って感じで。

 

「その道のプロだ」ってあぐらをかいているだけでは、何も始まらない。

 

てか、そんな生き方・働き方はもう終わっている。

 

むしろプロでなくても、やり方一つで場数を踏んで仕事にすることが可能な時代。

 

ちょっと前では考えられなかった自由な職業選びができるし、仕事内容は一つでなくてもいいのだ。

 

ぼくらはこれからも、自分たちができることを追求していくし、それ以上に今はできないけど必要だと思える知識や技術を身につけるために学び続けて、実践し続けていく。

 

そして、学んだこと、できるようになったこと、感じたこと、考えていることなどはどんどん情報として出していく。

 

その積み重ねが自信を生んで、自信は行動を加速させる。

 

行動し続けて、事実を積み上げていくと信用が生まれて、その過程でいろんなことができるようになれば、それだけできる仕事の幅も広がっているから。

 

決めていることは一つだけ。

 

我が道をいく、ということ。

 

そんな生き方すらも、シェアしていきたいと思う。

 

「我が道をいく」という生き方が本当にいいものだと思っているし、「我が道をいった方がいい」とわかっているのに我が道行かない人たくさんいると思っているから。

Facebookでも
情報配信中

Twitter で

現地でツアーを探すなら断然VELTRAがおすすめ!

  • 現地ツアーを日本語で予約可能
  • ひとり旅から貸切まで幅広いプラン
  • 現地での余分な価格交渉なし
  • 多くの参加実績あり

現地で「何する?」ってなったら、まずは公式HPをCHECK!!

 

 

-DIARY

Copyright© ベースキャンプシェムリアップ:カンボジア人・観光客・在住者をつなぐ情報コミュニティ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.