BASECAMP DIARY

#28 お客さんがいない店は暇な店?暇を暇で終わらせられるほど余裕を持ちたい話

投稿日:

『あの店はいつ通っても誰もお客さんいないけど、どうやって継続しているんだろう?』

あなたの街にもこういうお店はありませんか?

一見すると「暇そうに見える」お店。

 

この記事で書いていること

  • お客さんが来たら仕事って思っていませんか?
  • お客さんがいない時にこそやるべきこと

 

お客さんが来たら仕事って思っていませんか?

まず、「仕事って何か?」を考えればわかると思いますが、どんなお店にしろお客さんがいる間の「接客」は「仕事の一つ」であって全てではありません。

 

例えば飲食店であれば仕込みがあったり買い出しがあったり。

これも仕事ですよね?

 

もちろん仕入れて来た食材を仕込んで、お客さんに食べてもらわないことには「売り上げ」はないかもしれませんが、お客さんが来ていないから暇で仕事していないには繋がらないということです。

 

仕事は人を喜ばせたり満足させることなので、お客さんが来た時の準備も仕事、来てもらうための仕掛けも仕事、来た時にくつろいでもらえるように掃除することも仕事なのです。

 

お客さんが来たらスイッチ入って、少しでも多くお金を使ってもらおうとしか考えていないお店には魅力はないし、そもそも仕事ってそんな甘いものではないです。

 

それから「いつ見ても暇そうなお店」って見方は、見る側の貧しさでもあると思っていて、たまたま目の前を通った時にお客さんがいないから「いつも暇なお店」という表現にいたること自体、自分という小さな視点とものさしでしか見ていないことにすら気付いていません。

 

朝開けたばかりの誰にもいないお店も、ピークすぎて一斉に帰ったタイミングのお店も、見た目はお客さんゼロです。

 

でも、自分が見た瞬間に団体がぞろぞろと入って行けば「賑わっている」「人気ありそう」となるわけです。

もしかしたらその団体は、久しぶりのお客さんかもしれないのに。

 

お客さんがいない時にこそやるべきこと

特にここカンボジアで働いていると目の当たりにする光景ですが、お客さんがいないとスタッフが客席でスマホをいじったり昼寝をしていたりします。

それはそれでカンボジアの文化なので、批判も否定もしませんし、むしろそれくらいの感覚が好きです。

 

ただ先述したように、ぼくらは「お客さんが来たら仕事」だとは思っていないし、むしろお客さんいない時こそやらなくてはいけないことがたくさんあります。

「YouTube見たり昼寝したりしている余裕がないだけだろ?」

と言われてしまえば、それまでかもしれません。

 

普段なかなか手の届かないところを掃除したり、壊れていたものを修理したり、追加で仕入れや仕込みをしたり、発注やSNSをしたり、味の改善やメニューの開発をしたり。

むしろこうやって羅列していくと、お客さんがいたらなかなかできないことの方が日常の業務には多かったりします。

 

だからこそ、今何やるか?ってかなり大事なことであって、お客さんいない時間を休憩時間にできるほどぼくらはまだまだ余裕がありません。

 

こうしてお客さんがいない今も、ぼくはここに記事を書き、サイトメンテナンスをして集客・収益に繋げるための行動をとっています。

お客さんが来なくては売り上げが立たないのではなくて、お客さんが来なくても売り上げが立つ準備をしておけば後々困ることもリスクも少なくできるのです。

 

実働以外の収益だけで固定費をまかなっていく準備が整えば、自分たちの食い扶持を心配することもなく、利益すら度外視して楽しいことがやれます。

「売れなかったら食えない」

「スタッフの給料が払えない」

「設備を整えたり直せない」

 

そんな不安に駆られることなく、早く自分たちがやりたいことをやりたいので、お客さんが少ない日も焦ることなく、その先の未来で笑うための準備を日々コツコツと積み上げています。

 

まとめ

客足が少ない日も、まだまだぼくらには「暇だね」って言葉は生まれません。

やらなくてはいけないことが山積みだし、あくまで飲食店のBASECAMP KITCHEN(@basecamp_kt)も仕事の全てではないからです。

 

もちろん、この場所が「街のたまり場」のようであり「部室」のように居座ってくつろいだりたむろする場所であることも目標の一つです。

だからこそ、今そんな場所にぼくらは毎日たむろして、おもしろいことを実現させるための悪巧みをしています。

(※本当に悪いことは考えていません)

 

▼ネット(SNSやブログ)を活用して集客するために参考にした書籍

 

Facebookでも
情報配信中

Twitter で

-BASECAMP DIARY

Copyright© ベースキャンプシェムリアップ:カンボジア人・観光客・在住者をつなぐ情報コミュニティ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.