BASECAMP DIARY

#19 知らないことを知れる、できないができるようになると明日はもっといい日になる

投稿日:

2018年4月20日

 

先日も記事にしたけど、チームメンバーに加わった雄之(@yu_torisu4)がブログを始めた。

 

>>>ユウトのブログ(くやろぐ

 

これを機に、WordPressを活用して「ブログを始めたい!」と思える人が増えたらいいな〜ってことで、ユウトにブログの立ち上げを手伝いながら、記事にもしてみた。

お店の売上が少なくても継続可能なビジネスをつくるためのサイトの作り方 #1(レンタルサーバーの契約)

個人的にブログで生活をしてきた手前、今回新たに始めたBASECAMP SIEMREAPというプロジェクトでも「ブログサイト」を立ち上げて、そのサイト収益で物件の固定費などをまかなっていきます。 &nb ...

続きを見る

 

ちなみに個人ブログでも書いている。

関連記事:ブログで稼ぐという訳わからない世界へまた一人お連れしました

 

人に教える・伝える・話すことは自分のためだったりして。

ぼくも個人ブログで飯食っているので、雄之も自然とブログへの取っ掛かりに抵抗はなかったみたいだけど、まぁ上から目線で言わせてもらえば

「そんな甘いもんじゃねーぞ!」

って気持ちもあるわけで。

 

特にぼくの場合は、収益化できるまでかなりの時間を要して、遠回りしながらブログを運営するまでに至った。

 

だから雄之には

  • 余計な労力は使わず最短で行って欲しいな〜
  • だけど手取り教えても何もためにならないから失敗してみろ

って二つの思いがある。

 

そんな話がしたくて、実は昨日仕事終わりに雄之を返した後、純子と二人で飲みに行ってそんな話をした。(飲みたいだけ)

 

まぁそうは言いながらも、鬼に徹しきれないのがぼくの甘さでもあって、なんだかんだ手助けはしてしまっている(ような気がする)。

 

人に何かを教えてみると、意外と自分もまだまだ知らなかったようなこととか、見落としていたようなこともあったりして、実は横でこそこそ自分のブログや、このサイトのこともチョコチョコといじりながら、偉そうに教えている訳だけど。

 

そうやって人に何かを伝えようとすると、自分自身が普段生活に取り入れていたり本業としているジャンルの「ブログ」に限っても、改善点はたくさん見えてきて、単純に「知らなかったことを知れる」とか、「できなかったことができるようになる」とかって実感すると、それはもうたまらない快感でもある。

 

知らない人に何かを伝えると、素朴な質問が返ってくることもめずらしくない。

 

そして、それこそが実は忘れがちだった本質だったりもする。

 

だから、人に教えることって実は自分自身の学びにもつながっている。

 

みんなで力を合わせてできる数が増えていく

そうやって「ユウトができない部分」を、例えばぼくが補っていこうとすると、ぼくにもメリットがある。

 

ぼくがそこで学んだことを自分のことやチームのことに生かせれば、結局はみんなやりたいことがやりやすい環境ができていく。

 

みんながブロガーでなくてもいいかもしれないけど、ブログを書ける人が増えればサイトの運営も労力が単純に半分になって。(まだ任せないけど)

 

空いた時間で、また別のことに挑む時間が生まれる。

 

これがチームで動くメリットでもあって、チームの中には当然得意・不得意があるからこそおもしろくて、誰がどのくらいスキルがあるとか知識があるとか、そんなことはどうでもいいのだということに気付く。

 

そう考えると英語が話せるからすごいとか、パソコンがめっちゃ詳しいからすごいとか、そんなことは全然関係なくて。

 

そんなものはその気になって自分が必要だと思えれば、身に付けることができる。

 

それよりも大切なことが、社会(会社とか学校とかみたいな組織)の中にはたくさんある。

 

人は一人で生きていないのだからこそ、できる誰かに責任も役割も仕事も行くのではなく、みんなで関われるものを作ったらいい。

 

そして、そんなプラットフォームづくりを目指しているのだという、ここを始めた時のコンセプトも思い出す。

 

everyday 1 up!!!!

 

ぼくらの大切な合言葉。

 

昨日より今日の自分たちがレベルアップしていて、そんな自分たちの手で創る明日はきっと、もっと、最高な1日になる。

Facebookでも
情報配信中

Twitter で

-BASECAMP DIARY

Copyright© ベースキャンプシェムリアップ:カンボジア人・観光客・在住者をつなぐ情報コミュニティ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.