BASECAMP DIARY

#16 水かけ祭りで盛り上がるカンボジアで開催した新年会の感触

更新日:

2018年4月15日

 

先日14日の午前9時12分に新年を迎えたカンボジア。

 

町中、水鉄砲を持った輩が溢れかえり、水かけあってます。

 

こちらは水鉄砲持っていないのに、バイクで駆け抜けるだけで水かけられる。

 

あぶなーーーい!!

 

単純に危ない。本当に。

 

そんな祝日ムード満点のカンボジアで、カンボジアの暦に則って「新年会」なるものを開催した。

関連記事:カンボジアの暦にならって新年会!

 

シェムリアップ在住者はもちろん、日本人旅行者、外国人旅行者、カンボジアの別の地域に住んでいる方達。

 

なんか、ものの見事にバラけていてすごくいい感じ。

 

そう言った意味でも今回の新年会は、一つ成功だったなと。

 

在住者だけでも観光客だけでもなんだか偏りがあるし、ぼくらがBASECAMPでやりたいことってそういう偏ったことじゃない。

 

「カンボジア人・観光客・在住者をつなぐコミュニティ」を目指しているからこそ、ピンポイントの人たちしか来ないってのはイヤだ。

フランチェスコ from Italy

 

「ビジネスやるならターゲットを設定してなんちゃらかんちゃら…」

ってよく言われたりもする。

 

そう言う目線では「甘い」と言われるかもしれないけど、本当にターゲットっていうターゲットは定めていない。

 

逆に言えばみんなターゲット。

 

あとはいかにして、ここへ行きたい!って思えるものを提供できるかどうか。

 

そのためには、美味しいものだけでは物足りない。

 

だって、どれだけ美味しいものを提供できても、まず店に入ってもらわなくては味だって知ってもらえないから。

 

入りたくなる店構え(外観)、雰囲気もとても大事で、そのハードルが今は高すぎるのかなって感じる。

 

正直、このブログもそうで、今は日本語で書いているからこのサイトの情報が届くのはほとんど日本人。

 

だからこそ、コンセプトやお知らせは読んだら理解してもらえるかもしれない。

 

だけど、伝えたい想いが強すぎても「拒否反応」を生み出すのかもって感じたりもして。

 

「ホームページ(SNS)見て来ました〜」っていう人を増やすのも目標だけど、こっちがやりたいことばかりを強調してもダメなのかなって。

 

お客さんになる人はそこまで求めていない可能性もある。

 

知りたい情報はもっと他のことってことだって考えられる。

 

だけどこっちの情報も書かなくては伝わらない。

 

そのバランスも難しい。

 

今はいろんな意味で我慢の時期。

 

そして立ち上げまもない時期だから、たくさん試行錯誤して悩んで、いいと思ったことは全部やってみて。

 

できることが少しずつ増えていけたらいいな。

 

自分たちのやりたいことも、まだまだたくさんあるから。

Facebookでも
情報配信中

Twitter で

-BASECAMP DIARY

Copyright© ベースキャンプシェムリアップ:カンボジア人・観光客・在住者をつなぐ情報コミュニティ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.